今の気持ち。

2022.08.28

久しぶりの投稿です。

この1か月、本当にいろいろな事がありました。

私は自分の気持ちを言葉にすることは苦手ではないのですが、この1か月は本当にいろいろな感情、例えば…悲しいや寂しい、不安、怒り、戸惑いに、更に感謝、希望、新しい気付きなど。。。マイナスの感情とプラスの感情が目まぐるしく私の中で入れ替わり、時には混在もしていて、どのように表現したらいいかわからないという状況に陥っていました。今も渦中にあるといえばその通りなのですが、今日一つの節目を迎えたので少しずつアウトプットすることで自分の気持ちも整理をしていきたいと思います。 実は先月末に父が他界しました。72歳でした。あと1週間で73歳の誕生日だったのに…。心の準備も満足にできない中での突然のお別れでした。4年前に腎臓移植を経験し、長い透析生活から解放されて、これからは色々な所に旅行に行きたいと言っていたのに。コロナ禍の影響もあり、結局満足に旅行に行くこともできませんでした。

真面目というか…倹約家というか(笑)。亡くなってから気が付いたのですが、父のタンスにはたくさんの旅行券がしまってありました。私や妹が父の日や誕生日に少しずつプレゼントしていた旅行券をずっと使わずにタンスの中で寝かせていたようです。同じ旅行会社の旅行券だけど、十年以上前のものからひと箱にしまってあったのでデザインがちょっとずつ変化していて。こんなに貯める前にどうして使わなかったのか…。使って、楽しい思い出をもっとたくさん作って欲しかった。という想いと、機会を作ってあげることができなかった後悔と、旅行に行く行かない以前に、もしかしたら娘から貰ったプレゼントを使いたくなかったのかもしれない、という父の親心を感じ、思わず涙が溢れました。(忘れていただけかもしれないですけどね笑)ただ、そんな発見をする度に「どうしてもっと優しくできなかったんだろう。向き合わなかったんだろう。」と後悔ばかりの日が暫く続いていました。(今もかな。お父さん、ゴメンね。)

真面目で保守的な考え方の父とは、ぶつかることも多くありました。でも、当たり前だけど、心から大切で大好きでした。本当に最後まで家族思いで、私たち娘と何より母のことを大切に思ってくれた心優しい父でした。この悲しい気持ちや出来事を発信しようかどうかずっと迷っていたのですが、今日、四十九日の法要を無事済ませ、まだまだ事務的なことも含め解決しなければならない課題はたくさんあるのだけど、改めて公私ともに前向きに進んでいきたいという気持ちを宣言するつもりでブログに書くことを決めました。また今回、葬儀の段取りを含め喪主ではないのですがほぼ喪主的な立ち回りをしたり、母のサポートをしたりと、現在進行形でいろいろな「初めて」も経験しているので、ちょっとずつ機会を見てそんな事もお伝えすることで、何かの…誰かのお役に立ちたいな、とも思っています。改めて今後ともよろしくお願いします!

最後にこの度は父の葬儀にあたり、たくさんの方々にお力添えや温かなお気持ちを頂きました。本当に励まされました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。お陰様で私は元気です♪

令和4年8月

フリーアナウンサー 佐藤由美子


Supported by Office HORIKOSHI.